新宿近辺で美味しいものを食べましょう。

以下に列挙するのは、気まぐれであって、僕の中での人気順とかではありません。

 

・まず、代ゼミを出て代々木駅に行くまでの道に、ありとあらゆるお店があります。

例:「楢」(ラーメン屋。たけのことかを使っていて、高い),まいばすけっと(コンビニみたいなものだが、コンビニより安い。夏の冷房の涼しさは異常。),焼肉屋,いくつかの中華料理屋,マクドナルド(現存する店舗の中では日本で一番古い),サイゼリヤ,ガスト(この2つへ行くには、カラオケ館の右にある階段を上がる),新宿ボンベイ(カレー屋さん)など。

代々木駅周辺にも、星乃珈琲店やTULLYS、鳴門鯛焼本舗、スターバックス、かつや、富士そばなどが乱立しています。

f:id:Konsk:20210321130944j:image新宿ボンベイ

 

さて、そのほかにも代々木駅方面には、

f:id:Konsk:20210321142117j:image

f:id:Konsk:20210321131137j:image武蔵野油學会(油そば屋さん)

f:id:Konsk:20210321131225j:image横濱家系 代々木商店

などが充実しています。

 

さて、新宿駅方面に目を向けましょう。

代ゼミを出て左に行くと、おやおや、また まいばすけっとがありました。3月5日にオープンしたものです。それを通り過ぎて少し歩くと(ほぼ隣)、

f:id:Konsk:20210321131752j:image
f:id:Konsk:20210321131755p:image手しおごはん 玄

があります。ここは、ヘルシーなメニューがめっちゃ美味しいです。ご飯も、白米か五穀米(雑穀米だったっけかな…)か選べます。お魚もお肉もおいちーです。お弁当のテイクアウトもやっていますよ。

 

さて、玄の、道路を挟んで目の前にあるビルが「マインズタワー」です。ここの1階にはスターバックスがあります。また、地下1階には「博多もつ鍋やまや」や「おらが蕎麦」、「SUBWAY」、「DELHI'S CURRYインドカレー屋さん)」、「重慶(中華料理屋さん)」(この3つはテイクアウト可)、「PRONTO」などがあります。

そしてなんと言っても、

f:id:Konsk:20210321132920j:image
f:id:Konsk:20210321132923j:image

f:id:Konsk:20210321132951j:imageいかの墨

です。お昼はお弁当の販売を行っており、500〜680円くらいです。いろんな種類があって、全部たいへん美味しいです。お魚が特に美味しいですね。

一応、先述した「重慶」も載せておきます。

f:id:Konsk:20210321133219j:image

 

さて、マインズタワーからまた地上に出て新宿駅の方に向かいますと、そのうち交番があります。f:id:Konsk:20210321133533j:image

交番の隣にはまたスターバックスがありますが、それは置いておいて、地図上で交番の左下に「風雲児」があります。ラーメン・つけ麺屋さんです。人気店で、よく交番裏まで行列ができています。

f:id:Konsk:20210321133754j:image

 

そして、「風雲児」からさらにちょっと奥に進むと、中華料理の「陳家私菜」があります。

このお店については、この日記で何度か紹介したかと思いますが、一推しです。

f:id:Konsk:20210321133959j:imagef:id:Konsk:20210321134233j:image
f:id:Konsk:20210321134236j:image

ここについては、いつかの日記を参照してください。

 

さて、交番まで戻りますと、スタバの前に立ち食いうどん屋さんがあります。まあ、普通に美味しいですね。

スタバが入っている建物の隣には、「千吉」があります。カレーうどん専門店です。

f:id:Konsk:20210321134459j:image
f:id:Konsk:20210321134502j:image

辛吉」は結構辛いです。カツとかを乗せるとさらに美味しくなります。

 

さてさて、ここから先は、さらにその先を進んだ新宿駅近辺について概観します。

f:id:Konsk:20210321134927j:image焼肉ライク。一人焼肉屋さんで、2階席だと4人程度で一緒に一人焼肉ができる。580 円で肉100g +わかめスープ+キムチ+ご飯食べ放題という、なんともいい感じのお店。


f:id:Konsk:20210321134930j:image
f:id:Konsk:20210321134937j:image
f:id:Konsk:20210321134943j:image
f:id:Konsk:20210321134934j:image九州熱中屋。900 円で、唐揚げ・ご飯・お味噌汁・明太子が食べ放題。店員のお姉さんが可愛いことがある。


f:id:Konsk:20210321134940j:image
f:id:Konsk:20210321134915j:image
f:id:Konsk:20210321134946j:image
f:id:Konsk:20210321134920j:image
f:id:Konsk:20210321134924j:image
f:id:Konsk:20210321134950j:image洋麺屋五右衛門。いい感じの雰囲気。店員のお姉さ(以下略)

 

f:id:Konsk:20210321142247j:image
f:id:Konsk:20210321142243j:image鳥元。焼き鳥とか海鮮丼とか、いろいろやっているらしい。海鮮丼はvery goodであった。

 

f:id:Konsk:20210321135647j:image
f:id:Konsk:20210321135643j:imageラパウザ 新宿NSビル店。価格帯はそんなに高くないが、普通に美味しい。あと、夜で予約(電話で簡単にできる)すると、窓側の席を取ってくれる(お一人様でも!!!)。高層階から見る新宿・渋谷の景色は圧巻で、セレブのような気持ちになれるとかなれないとか。

 

f:id:Konsk:20210321135938j:imageカレー食堂心(新宿住友ビル地下)。スープカレーキーマカレーが食べられる。「麻辣キーマカレー」がオススメ。

 

f:id:Konsk:20210321140550j:image赤から。〆に入れるご飯やチーズの量を間違えると、お腹が破裂する。

 

新宿駅から少し新大久保駅方面に進みます。

 

f:id:Konsk:20210321140311j:imageペッパーランチ。ジュワジュワしてるお肉を見ているのが楽しい。コーンや白米と混ぜ混ぜしていただく。


f:id:Konsk:20210321140308j:image中本。一瞬「中卒」かと思う。最辛の北極(写真)、行ってみよう。

 

逆に新宿御苑方面だと、

 

f:id:Konsk:20210321140814j:image
f:id:Konsk:20210321140819j:imageつけ麺 五ノ神製作所。量が多いのでお腹が空いている時に行く。新宿高校の裏にある。えびを使っており、とても美味しい。ほんとに。

 

f:id:Konsk:20210321141453j:image
f:id:Konsk:20210321141444j:image
f:id:Konsk:20210321141457j:image牛かつもと村。板の上で、自分で焼くスタイル。おいちーよ。ご飯もおかわりできる。

 

f:id:Konsk:20210321142154j:image
f:id:Konsk:20210321141448j:imageCAFE AALIYA。フレンチトーストが本当に美味しい。ちっと高い。


f:id:Konsk:20210321141441j:image4/4 seasons coffee。こだわりの雰囲気を体感してみてはいかがだろうか。

 

こんなものでしょうか。ほかにも美味しいところはたくさんあるんですが、ひとまずこの辺で。

 

〜番外編〜

 

f:id:Konsk:20210321142422j:image
f:id:Konsk:20210321142426j:image
f:id:Konsk:20210321142429j:imageとんかつ河むら(市ヶ谷または四ッ谷)。ほんっっっっとに美味しい。連れて行った友達がリピーターになってしまった。新宿からであれば、新宿線市ヶ谷駅か、丸ノ内線四ッ谷駅が近くていいだろう。歩いても50分なので、お腹を空かすために歩くのもオススメ。ご飯とキャベツはおかわり自由。

 

f:id:Konsk:20210321143042j:image
f:id:Konsk:20210321143045j:image
f:id:Konsk:20210321143038j:image四川担々麺 赤い鯨(赤坂)。辛さと痺れは3段階から選べる(2か3がオススメ。一応、5や10もあるが、まあやめておいた方が賢明であろう)。パイコーがとても美味しいので、ぜひ付けてみることをオススメする。新宿からであれば、丸ノ内線赤坂見附駅から少し歩くか、千代田線赤坂駅から徒歩0分か。歩いてもちょうど1時間なので、お腹を(以下略)

こんばんちは。また真面目らしいです。

浪人生活が終わりましたので、模試の日本史について書きます。

 

(2020年入試 開示 46点)

 

7月

代ゼミ 東大プレ  48点 全国2位

 

8月

駿台 東大実戦 39点 全国18位

東進 本番レベル 31点 全国5位

 

11月

駿台 東大実戦 30点 全国118位

代ゼミ 東大プレ 48点 全国4位

 

 

またあとで追記します。

こんにちは。真面目な日記。

お久しぶりです。

今年の東大受験が終わりましたので、2021年の東大日本史について少し感想とかを書きたいと思います。

 

まず、第1問について。

f:id:Konsk:20210228155903g:image

昨年・一昨年と変わらず、大津透 教授の出題でしょう。大津教授が古代分野を執筆する、『新日本史B』が東大受験生にとって必携であることをまたもや痛感させられました。

最近の東進東大模試や、代ゼミ東大プレ第1問を見てみますと、的中を狙って、明らかに『新日本史B』からの出題と思われる問題が増えてきています。しかし、予備校側は東大に模試の問題を提供しているため、河合塾の直前模試や各予備校の内部模試でない限り、的中は起こり得ません。)

『新日本史B』P.59〜60「儀礼の唐風化と格式」・P.63〜64「藤原北家と幼帝の誕生」が当問題の該当部分です。

資料文を読んでなんとなくは理解できるものの、読み取れる内容が多く、それらをどのように論理的に構成していくか、がかなり難しい問題だと思います。世界史/地理と合計で150分ですから、第1問にはせいぜい25分程度しかかけられないでしょう(筆者は、入試本番、19分で解答を仕上げて第2問に行きました)。その時間制約の中で、予備校が発表しているような解答例を提示することは不可能に近い。15点満点中、11点程度の得点を目標に第1問は取り組むべきだと思っています。しかしその際、『新日本史B』を普段から熟読しておくことで、及第点に達する答案を仕上げるのにかかる時間を短縮することはできるはずです。

また、言うまでもないことですが、過去問の研究は必ずやるべきです。例えば2021年の問題は、2014年・2019年の問題に通じる考え・知識を用います。

 

2014年 東大日本史 第1問

f:id:Konsk:20210228160210g:image
f:id:Konsk:20210228160215g:image

 

2019年 東大日本史 第1問

f:id:Konsk:20210228160305g:image

 

ただし、過去問をやりこんだ受験生にありがちなことを注意しておきます。それは、「解答が過去問の解答例に引っ張られる」こと。

東大は、原則同じ問題は出しません(1978年に出題された第1問の一部が1983年の第1問として出題された例外を除く)。つまり、資料文や設問要求は微妙ながらも変えられており、よって、同じ解答になることはありえません。いつかの資料文で出てきた「教科書で習ってないのに知ってる人名」が、また出てくることもあるでしょう。そういうときこそ、特にこの点については注意が必要です。いつかの問題を解き、予備校の解答例などを見て覚えた「かっこいい言い回し」。これも、振りかざさないよう注意しましょう。

最後に、第1問、自分なりの解答例を載せておきます。

f:id:Konsk:20210228161942j:image

 

次に、第2問について。

f:id:Konsk:20210228163225j:image

昨年はおそらく三枝暁子 准教授の出題でしたが、今年は桜井英治 教授の出題でしょうか。今回の問題に関しては、桜井 教授も執筆されている『詳説日本史B』より、『新日本史B』の方が珍しく参考になるかな、と思います。『新日本史B』P.97には、「荘園領主が幕府の法廷に地頭の不法を訴える場合もあった。」とあり、また、P.98には、「地頭請地頭請所といって,荘園領主の中には,一定の年貢を得るかわりに,現地の土地や人の支配をすべて地頭にゆだねる契約を結ぶものも現われた。下地中分や地頭請がおこなわれた荘園では,地頭は土地と人の完全な支配権を手に入れた。」とあります。そして、「地頭・荘園領主・荘民のあいだで荘園をめぐって対立が生じるのは,生産量が上昇し,その増大した富を獲得するためであった。」と、争いの背景についても記載があります。

今回の第2問に関して、実際受験した人のなかには、「資料文に書いてあること以外何を書けば良いのか…」と戸惑った人も多いことでしょう。この問題では、「地頭請」の正確な理解以外には、特段背景知識が必要とされているようには思えません。

このような、一見易しく見える問題こそ、書きたいことをまとめる日本語力、論理構築能力、そして最も伝えたい部分をズバッと突く力、これらが要求されていると見るべきでしょう。きっと、ほとんどの受験生の方針は同じで、同じようなことを書いているはずですから。あと強いて言うなら、「私は『地頭請』がわかってますよー!!」というアピールくらいしておいてもいいかもしれません。

について。荘園領主は、地頭が土地をたくさん開発しているので新しい土地を把握して、適切な年貢収入を得ようとしたのでしょう。できれば+になることを期待して。

について。教科書の説明にもあるとおりで、地頭の荘園支配は強化されていったのでしょう。それを、検注や開発とどう上手く結びつけるか、で点差が開くのだろうと思われます。

また、結論は、書かなければ伝わりません。伝えたいことはきちんと書きましょう。言いましょう。恋愛みたいですね(無視して…)。

最後に、第2問も、自分なりの解答例を載せておきます。

f:id:Konsk:20210228164547j:image

 

次に、第3問について。

f:id:Konsk:20210228180320g:image

昨年はおそらく村和明 准教授の出題でしたが、今年は牧原成征 准教授の出題でしょうか。牧原 教授がその編集協力者に名を連ねる『詳説日本史B』P.201が当問題の該当部分です。

について。基本題でしょう。2行という指定もあり、書くことが人によってバラバラ、という第1問のようなタイプではありません。17世紀後半の幕府財政が逼迫していた理由については、①明暦の大火後の江戸城と市街の再建費用(これを好機に、多くの寺を移転させたりしています)②元禄期の寺社造営費(幕府の権威に関わります)により出費がかさみ、さらにそのうえ③佐渡金山や石見銀山などの金銀の産出量が減少し、収入が激減していたことが挙げられ、これは東大受験生にとっては必須の知識でしょう。ちなみに、③が解答の要素になるような問題は2019年第3問でも出題されています(実際試験場で問題を見て解答する際、「2019年も金銀収入の減少書く問題あったよな…」と思い、一瞬書くことを躊躇いました)。

 

参考までに2019年 東大日本史 第3問

f:id:Konsk:20210228183304g:image

 

これら①〜③を、制限字数(60字以内)で収まるように書けば、答案は仕上がるのではないでしょうか(ただし、当時、「米価安諸色高」の傾向が進展していたという事実を踏まえると、幕府の実質的な年貢収入は減少していた、という別の視点からの答案も書けると思います)。

について。2020年の第3問Aを彷彿とさせるような、典型的な資料文の読み取り問題ですね。『詳説日本史B』P.201注❶(最下段)が該当部分です。この部分を膨らませて作問したのでしょう。

手伝い普請」や「国役」といった歴史用語をどれほど入れればいいのか、はたまた全く入れなくとも、わかっていることが伝われば良いのか、その辺はよくわかりませんが、筆者自身は、東大がこのような問題の採点において用語の有無のみで点数を左右するようなことはないと思っています。

そんなことより、資料文の内容をそのまま抜き出したりせず、いかに自分の言葉でまとめ切れるか、が問われているように感じます。

例えば、資料文⑶の対応を、「自助努力に頼る」などの表現で簡潔にまとめることができれば、他の部分に字数を割くことができます。

「上流付近でお金を投下しなかったために、結局幕府が救いたかった下流付近に影響が出てしまった」という流れと、「では、幕府はなぜ下流付近を救いたかったのか」という視点がまとめられれば良いでしょう。

自分の書きたいことをまとめ、それらに優先順位をつけながら取捨選択して、解答を字数以内に収める。こういった訓練が日頃から重要になってきます。もちろん、「優先順位をつけるほど書きたいことがない…」とならないよう、教科書学習で手を抜いてはならないのは当然のことです。

最後に、第3問も、自分なりの解答例を載せておきます。

f:id:Konsk:20210301013749j:image

 

 

次に、第4問について。

f:id:Konsk:20210301112557g:image

昨年はおそらく山口輝臣 准教授の出題でしたが、今年は鈴木 淳 准教授でしょうか。後述しますが、別に誰の個性も現れていないような問題に見受けられました。

について。『詳説日本史B』P.282〜283「まず1884(明治17)年に華族を定め,華族の範囲を広げて,旧上層公家・大名以外からも国家に功績のあったものが華族になれるようにして,将来の上院(貴族院)の土台をつくった。」や、『新日本史B』P.247〜248「まず,政府は1884(明治17)年に華族を定めて公・侯・伯・子・男の5爵を設け,旧公家・大名に加えて明治維新の功臣など国家に功績のあったものも華族になれるようにした。これは,促成で列強の貴族に当たる層をつくり,将来の貴族院をつくる準備となった。」が当問題の該当部分です。

資料文⑴にある、「国家に偉勲ある者」を、自分の言葉で解答に盛り込み、そして彼らが、国会開設が約束されるなかで、貴族院の土台となった事実を書けば良いでしょう(政府は1875年に「漸次立憲政体樹立の詔」を出しています)(この視点が、2020年 東大日本史 第4問でも求められていたことは記憶に新しいと思います)。「国家に偉勲ある者」は、「立役者」や「功労者」、「功のあった人々」などと言い換えれば良いでしょう。

について。解答の方向性がそんなに割れることはないと思いますが、面白い問題でした。まず、問題文中の「隠居をして」の意味が汲み取れた受験生とそうでない受験生で、差が開いたかもしれません。「隠居」、つまり「家督を(息子などに)譲った」、ということですから、それに伴い子爵の爵位も息子に襲わせた、ということになります。つまり、高橋是清自身は爵位を捨てたわけです。こうして「華族の戸主(資料文⑷より)」としての地位を捨てた是清は、晴れて被選挙権を手にすることができたわけです。これで「隠居をし」た理由はわかりましたが、現に是清は貴族院議員ですから、わざわざ衆議院に鞍替えした理由を探らねばなりません。「この時期の国内政治の状況」を考えましょう。当時、是清が総裁を務めていた立憲政友会・憲政会・革新倶楽部護憲三派が中心となって、第二次護憲運動を進めていました。スローガンは、「普選断行・貴族院改革・行財政整理」。自らが先頭に立ってこのようなスローガンを謳うなかで、自分自身が華族でしかも選挙のない貴族院議員であることは、なんとも手前が悪かったことでしょう。これらの事実をまとめれば、解答になるのではないでしょうか。

AもBも、特に捻った問題というわけでもなく、超基礎事項の確認だけで「良さげな」解答が出来てしまうという点で、近年の第4問らしいなぁと思っています。

近年の第4問は、他の大問以上に、基礎事項の確認や教科書の精読が大きな点差を生む問題です。試験後、「ここをちゃんと読んでいれば…!」ということがなるべく無いよう、日頃から教科書精読を心掛けるといいかもしれません。

最後に、第4問も、自分なりの解答例を載せておきます。

f:id:Konsk:20210301120402j:image

 

おわりに。

 

大受験は、日本史だけではありません。

まず、英数の対策です。日本史はその他、空いている時間で45点、50点を目指していくものです。

また、国語の能力を磨くことは、日本史、世界史、地理、数学の論述、和訳、すべての分野の能力を上げることにつながります。国語も抜かりないように…

こんちゃ!激辛好きは見てね!。

今回は、新宿の「陳家私菜」についてレポートしたいと思います。

 

店舗は新宿のほかに、赤坂・有楽町・五反田・秋葉原・渋谷にあります。

 

激辛グルメ祭り」6年連続グランプリ、公認のマジ美味処です。

 

一番人気メニューは何といってもやはり「頂天石焼麻婆豆腐」。

f:id:Konsk:20210128092604p:image

 

(i)普通辛🌶🌶

文字通り、普通に辛い。ちなみにどれくらい辛いのか最初店員さんに聞いたところ、「ンー…」と、常識的な回答を期待させるthinking timeをはさんだあと、「フツウカラ…」と回答がありました。おそらく当局から情報を封じられているのでしょう。何の情報も得られませんでした。

 

(ii)中辛🌶🌶🌶

結構辛い。辛いものは少し苦手…みたいな人は無理です。運ばれてきた時の音がえげつない。麻婆豆腐の音(マーボードーフのオトってナニ❓)じゃない。グツグツ…ミチミチ…みたいな音。テーブルにたくさん液が飛んでる。なんでや。

ちなみに、まじ美味いです。

f:id:Konsk:20210128092637j:image

(iii)激辛🌶🌶🌶🌶🌶

やばい。一回だけ食べたことがあるが、一回でやめた。頭おかしくなる。あたまわるくなる。からだこわれる。一口目、入れようとして咳き込む。新型コロナだと思われるからやめたほうがいい。おすすめしない。美味しかったので完食した。

f:id:Konsk:20210128094452j:image

 

(iv)地獄辛🌶🌶🌶🌶🌶🌶🌶🌶🌶🌶🌶🌶(多分)

言わずもがな、食べたことはない。

この世の香辛料では出せんだろって強烈な匂いを放つ。前に行った時、4mくらい離れた場所で食べているおじさんがいたが、店内全域に匂いが充満して呼吸器やられて咳き込みました。まじで公害です。皆さん咳き込まれてましたね。集団感染です。はい。

 

 

とまあいろいろ言ってきましたが、美味しさは保証します!ぜひ一度お近くの陳家私菜に行ってみてください!ほんならね。

おいしそうだな…って思ってください。

f:id:Konsk:20210115162106j:image椿サロン 銀座f:id:Konsk:20201225001150j:image
f:id:Konsk:20201225001143j:imageとんかつ 河むら 四ツ谷
f:id:Konsk:20201225001212j:image
f:id:Konsk:20201225001147j:image
f:id:Konsk:20201225001159j:image赤い鯨 赤坂
f:id:Konsk:20201225001208j:image
f:id:Konsk:20201225001202j:image五ノ神製作所 新宿
f:id:Konsk:20201225001154p:image
f:id:Konsk:20201225001205j:image玄 新宿
f:id:Konsk:20201225001140j:image武蔵野アブラ學会 代々木
f:id:Konsk:20201225001216j:image

 

おしまい。

f:id:Konsk:20201225161903j:image
f:id:Konsk:20201225161906j:image千吉 新宿

f:id:Konsk:20201227091909j:image
f:id:Konsk:20201227091921j:image
f:id:Konsk:20201227091912j:image追記 12/25

f:id:Konsk:20201226184422j:image
f:id:Konsk:20201226184425j:image陳家私菜 新宿 追記 12/26

f:id:Konsk:20201231104524j:image
f:id:Konsk:20201231104532j:image
f:id:Konsk:20201231104539j:image
f:id:Konsk:20201231104535j:image
f:id:Konsk:20201231104527j:image五ノ神製作所 追記 12/31

 

明けましておめでとうございます!

f:id:Konsk:20210115161117j:image焼肉ライク 新宿
f:id:Konsk:20210115161131j:image
f:id:Konsk:20210115161124j:image
f:id:Konsk:20210115161148j:image堀切菖蒲園
f:id:Konsk:20210115161120j:image
f:id:Konsk:20210115161206j:image
f:id:Konsk:20210115161107j:image
f:id:Konsk:20210115161159j:image(忘れた…w)新宿
f:id:Konsk:20210115161142j:image
f:id:Konsk:20210115161202j:image
f:id:Konsk:20210115161127j:image
f:id:Konsk:20210115161151j:image
f:id:Konsk:20210115161155j:image
f:id:Konsk:20210115161145j:image
f:id:Konsk:20210115161134j:imageさなだ 北千住
f:id:Konsk:20210115161138j:image
f:id:Konsk:20210115161113j:image
f:id:Konsk:20210115161110j:imageき介 神保町 追記 1/15

辛いもの食べて汗かこうぜ‼️ハフハフのハフゥ。

後半です。前半は、この一個前の記事です。

 

さて、これは昨夜です。

 

すなわち、昨日は昼も夜も坦々麺でした。

よって、どっちのせいでお腹が痛いのか、わかりません。

 

死刑執行のボタンが3つあるのは、誰が死刑囚に直接引導を渡すことになったのかわからないようにして、刑務官の精神的負担を軽減するためだそうですね。 暗い話になりました…ごめんなさい。

 

 

f:id:Konsk:20201128224701j:image「赤い鯨」。赤坂にある。人形町にもあるそうだ。

歩いて1時間5分。目的地に着きました。

「その1時間、時間の無駄だと思わない?」そう言う友達の声がまだはっきりと耳の中に残っています。 電車で行けよ。

 

今回は、本名で予約する気分ではなかったので、「中院(なかのいん)」で予約しました。ルンルン♪公家気分です。

 

f:id:Konsk:20201128225521j:image
f:id:Konsk:20201128225516j:image
f:id:Konsk:20201128225525j:imageさて、食券を買い中に入ります。ガラガラ…

 

 

「いらっしゃいませ!お一人さまですか?」

刺さる。いつも「お一人さま」は刺さる。

 

「予約しておりました、🤩中院🤩です」

「お待ちしておりました!」

 

そらお待ちしますよ、「中院」が予約してきたら僕でもワクワクで待ちますよ。期待を裏切らないよう、公家感を出すべく扇子で顔を隠しながら席に着きました。 ちなみにこの扇子は京都御所で購入したものです。今日だけは僕も公家なのです。

 

今回注文したのは「ぱいこー四川坦々麺(1180円)」。

辛さ痺れはそれぞれ1〜3まであり、2が平均。

今回は、辛さ3,痺れ2いくことにしました。

f:id:Konsk:20201128230305j:image
f:id:Konsk:20201128230309j:image僕には希望に満ちた明日があったので、10はやめておきました。明日を捨てるということは、あの世行きということなのだろうか❓

 

店内を見渡す。とてもいい雰囲気。f:id:Konsk:20201128230710j:image
f:id:Konsk:20201128230713j:image

 

 

f:id:Konsk:20201128230515j:imageしばらくすると、胡麻と乳鉢・乳棒が出てきました。半分ほど擦り潰すと良いらしいですよ。

 

 

そしてついにご対面であります。

 

 

 

 

 

「お待たせしました〜」

 

 

 

キタキタ…!

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Konsk:20201128232037j:imageなんて美味しそうなの…😍😍🥺🥺

 

f:id:Konsk:20201128232308j:imageとても美味しそうな赤いアレ…名前わかんない…

f:id:Konsk:20201128232302j:imageしっかり肉厚でジューシーそうなパイコー
f:id:Konsk:20201128232305j:imageスープがよく絡みそうな縮れ麺

 

 

先ほどの胡麻をかけて、いただきます‼️‼️

 

 

 

 

🤔

 

 

 

 

 

 

 

🤨🤨

 

 

 

 

 

 

 

😳😳😳🥵🥰😍🥰🥰🤤

 

 

 

 

 

 

 

美味しい〜 

いま私最上級に幸せ〜

今まで色んな坦々麺を食べてきましたが、一番美味しいです。

 

とろみのあるスープに、それをよく絡ませる

そしてやはりジューシーパーコーに感動。

f:id:Konsk:20201128233239j:image出ましたお馴染みのジューシーおじさん。一体誰なんでしょう。有名人❓笑

 

ズルズルと麺をすすっていますと、あら大変

 

 

 

f:id:Konsk:20201128233345j:image大変不可解な出来事です。さっきまであんなにあったスープが、きっと盗まれたのでしょう、ほとんどなくなってしまいました。しかし残すのももったいない。あ。そんなときは、白飯だッ‼️追加で白飯(100円)を注文しました。これがデブへの道なのです。

 

 

f:id:Konsk:20201128233650j:imageふるさと。ご飯。ただいま。って言いたくなります。

 

そうすると、アララまた不思議。スープが跡形もなく消えてしまいました。

f:id:Konsk:20201128233832j:image

美味しさと綺麗さは必ずしも比例しませんので、スープのかかったご飯の画像は載せないでおきます。

 

 

 

こうなっては打つ手なしです。降伏。

ごちそうさまでした!

 

 

 

よっこらしょ。

アララ…❓お腹が…オモイ…😉

やはり扇子で顔を隠しながら店を出て思う。

 

 

「これ白飯いらなかったかもしれん」

 

最近少食気味なのです。 すごいお腹いっぱい。

 

f:id:Konsk:20201128234629j:imageすぐ近くにあるTBS前広場で一休み。

 

やや回復した後、普通に電車で帰りました。

なら電車で来いよというツッコミは痛いです。

 

いずれにせよ、本当に美味しかった。是非❗️是非‼️行ってみてほしいです。辛さ苦手な方も辛さ1とかならいけるんじゃないですかね。

 

あっそうだ、僕のブログを見てくれた方が、のべ2000人を超えました。ありがとうございます😊😊

感謝祭したいですね。

 

 

それではご機嫌よう。f:id:Konsk:20201128235041j:image

辛いもの食べて汗かこうぜ❗️ハフハフ。

皆さんこんばんは。こんにちは。おはようございます。

お奉行です。

 

今日は主に坦々麺についてお話ししたいと思います。

皆さん、「坦々麺」って、知ってるのかな❓

知ってますよね。

 

 

あれは11月13日でした…。

 

農林水産省から通知が。

 

f:id:Konsk:20201128213450j:image

「Go To Eat、終了へ」

 

おやまあ。🤔

 

どうしたことでしょう。

 

焦って最後に4件も予約を入れてしまいました。

 

f:id:Konsk:20201128214255j:image
f:id:Konsk:20201128214252j:image「らあ麺やったる!」。 1030円くらいだった気がする。実質30円。ここまで吝嗇な者もおるまい。

 

f:id:Konsk:20201128214718j:image
f:id:Konsk:20201128214714j:image「ラパウザ 新宿NSビル店」。29階から、大変綺麗な夜景を見ながら。ただ残念なのは、「お一人さまだった。」これである。

 

そして、前回の「とんかつ河むら」。

まだ見ていない、という方はまずそちらを見ていただきたい。大変ジューシー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

っておい❗️坦々麺はまだか‼️

 

まあまあ、そう怒らないでください。

当店は前置きの多い料理店なのです。

 

 

ところで皆さん、今こんなキャンペーンが行われているのをご存知でしょうか❓

f:id:Konsk:20201128215556j:imageこの一ヶ月の間に3杯食べれば、一年間毎日一杯無料になる、というもの。

 

お得すぎ‼️

 

行ってきたんですよ、f:id:Konsk:20201128215759j:image
f:id:Konsk:20201128215756j:image

 

いただきます!

 


f:id:Konsk:20201128215803j:image

 

まぜまぜ…

 

 

 

🤔

 

 

 

 

 

🤨

 

 

 

 

 

 

🥵🥵🥵

 

いんだな、これが。マジで結構辛い。辛いの無理な人は本当に無理だと思います。てか辛いの無理な人と行って、相手は無理でした。なんで行ったんだ。

 

これに山椒をかけるとさらに辛いんだな〜痺れる。

 

f:id:Konsk:20201128222231j:image参照 : 山椒

実は諸般の事情によりもうパスポートを手にしたので、また行きたいと思います。

 

ちょっと長くなりそうなので、いったんここでおしまい。(「エ〜⁉️」という声が聞こえてきますね)

 

Go To Eatを使った最後の外食、そう、“Last Go To”の坦々麺を、後半でご紹介しましょう…

それでは後半をお楽しみください。

(ちょっと下にスクロールして、「記事一覧」を押していただくと、見られます。)